カーボンニュートラル伴走支援事業経営×カーボンニュートラル 神戸の中小企業の脱炭素化をサポート

新たなビジネスチャンスの獲得に向け脱炭素経営に取り組み、企業価値を向上させたい神戸市内の中小企業を支援する事業です。
独立行政法人中小企業基盤整備機構近畿本部と連携し、神戸市内の中小企業の温室効果ガス排出量算定や中小企業版SBT認定の取得に向けたサポート、温室効果ガス排出量の削減計画の策定など様々なサポートを実施します。

カーボンニュートラルとは

二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの「排出量」を削減するとともに、森林などによる「吸収量」を差し引くことで、温室効果ガスを実質的にゼロにする取り組みです。近年、グローバルに展開している企業を中心に、脱炭素経営に向けた取組が急速に広がっています。カーボンニュートラルはSDGs(Sustainable Development Goals)と密接に関係しており、カーボンニュートラルに取り組むことは、SDGsの達成に繋がります。省エネ等により排出量の削減に取り組むとともに、再生可能エネルギー利用への転換が必要です。
我が国においても、温室効果ガスの排出を2050年までに実質ゼロ、いわゆる「カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現」を目指すことを宣言しています。
(出典:カーボンニュートラルに関する相談|中小機構 (smrj.go.jp)

経営×カーボンニュートラル伴走支援プロジェクト

神戸市内の中小企業を対象に脱炭素経営に向けた以下の取り組みをサポート

①温室効果ガス排出量算定
②中小企業版SBT認定取得
③その他専門家を活用したカーボンニュートラル推進に繋がる取り組み

SBT(Science Based Targets)とは

  • SBTとは、パリ協定(世界の平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より十分低く保ち、1.5℃内に抑える努力をする)が求める水準と整合のある温室効果ガス排出削減目標を立てていることを示す国際認証
  • 認定は、国際的な認証機関である「SBTi」が行います。
  • 「SBTi」は、世界自然保護基金(WWF)、国際的な環境非営利組織(CDP)、世界資源研究所(WRI)、国連グローバル・コンパクトの4者により運営されています。 

出典:環境省「SBT 詳細資料」

中小企業版SBT認定について(通常版SBT認定との違い)

中小企業版SBT認定取得メリット

  • ステークホルダー(金融機関や顧客等)に対し環境対策をアピール可能
  • 取引先のサプライチェーン排出削減に貢献
  • 光熱費・燃料費の低減に繋がる
  • 人材獲得力の強化

お問い合わせ

産業イノベーション推進部 
TEL  078-360-3208 

新着情報